南城市 任意整理 弁護士 司法書士

借金返済に関する相談を南城市在住の方がするならコチラ!

借金の利子が高い

自分一人だけではどうすることもできないのが、債務・借金返済の問題です。
金額が大きくなってしまい、利子を払うので精一杯。
借金返済に関しては、1人で悩んでいても解決するのは難しいものです。
南城市にお住まいの人も、まずはインターネットの無料相談で、司法書士・弁護士に相談してみては?
いきなり事務所へ行って直接相談するよりも、インターネットの無料相談の方が、気後れなく相談できるかもしれません。
もちろん、南城市に対応している法律事務所や法務事務所をここでは紹介しています。
一人で悩まず、司法書士や弁護士に相談するのが、借金問題解決への第一歩です。

南城市に住んでいる人が借金・任意整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

南城市の借金返済解決の相談なら、この事務所がおすすめ。
弁護士対応で、しかも全国対応の法律事務所です。
初期費用が0円だから、今の手持ちがなくても安心です。
弁護士費用の支払いは、分割払いも可能。
相談料金はもちろん0円!
借金督促のSTOPも可能。
自己破産、個人再生、任意整理、過払い金、など、債務・借金の悩みについて相談することができます。
しかも、無料相談窓口では24時間365日、いつでも受け付けてくれます。
フリーダイヤル(通話料0円)で相談受付できるので、お金に困っている方も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、過払い・債務の問題が相談できる法務事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、自分にピッタリの方法で借金問題を解決していきます。
それと、過払い請求は初期費用0円、戻ってきた過払い金から料金を精算できます。
任意整理も、減額報酬や和解成功報酬などを一切取らないため、おトクに解決が可能です。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の人でも安心して相談できます。
まずはお気軽に無料相談からいかがでしょうか。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

南城市の方が借金や債務整理の相談をするならまず、コレもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という名の、ネットでできる借金の診断ツールです。
とても簡単な3つの質問に答えるだけで、借金を減らすための方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、少し怖い。
そんな人にピッタリです。
しかも、無料&匿名で使えます☆
全国に対応のサービスなので、南城市の人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 月の返済額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名&無料で利用できる!
  • 全国に対応!
借金・債務の悩み、匿名で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断・相談を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



他の南城市近くにある法務事務所や法律事務所の紹介

南城市には他にも複数の弁護士や司法書士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●司法書士知念真徳事務所
沖縄県南城市佐敷新開1-360
098-947-1316


地元南城市の弁護士・司法書士の事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談などの方が、気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

南城市で借金に弱っている人

クレジットカードの分割払いやキャッシング会社等は、尋常ではなく高額な利子が付きます。
15%〜20%もの金利を払うことになります。
住宅ローンの場合0.6%〜4%(年間)ぐらい、自動車のローンの利子も1.2%〜5%(年間)ぐらいですので、ものすごい差です。
さらに、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに利子を設定する消費者金融の場合、利子0.29などの高利な利子をとっていることもあります。
尋常ではなく高い金利を払いながらも、借金はどんどんふくらむ。
借金を増やしたのは自己責任なので仕方ないのですが、金額が多くて金利も高利という状態では、なかなか完済の目処が立ちません。
どう返せばいいのか、もうなにも思い付かないなら、法律事務所・法務事務所に相談しましょう。
弁護士・司法書士ならば、借金返済の解決策をきっと捻り出してくれるはずです。
長期の返済計画かもしれませんし、過払い金返還で返済額が減額するのかもしれません。
まず相談する、解決するにはこれが始めの一歩です。

南城市/債務整理のデメリットはどんなものか|任意整理

債務整理にも多くのやり方があり、任意で貸金業者と交渉する任意整理と、裁判所を介した法的整理である個人再生又は自己破産等々の種類が有ります。
じゃこれ等の手続についてどのような債務整理デメリットがあるでしょうか。
この三つの手段に同じようにいえる債務整理のデメリットと言うと、信用情報にそれらの手続をやった事実が記載されてしまうという事です。世に言うブラック・リストというような情況になります。
だとすると、概ね5年〜7年ほどの間は、クレジットカードがつくれなくなったりまたは借入が出来ない状態になったりします。だけど、貴方は支払金に日々悩み苦しんでこれらの手続きを実行するわけですので、もう少しは借入れしない方が良いのじゃないでしょうか。
ローンカード依存にはまっている方は、逆に言えば借入れが出来なくなる事により出来ない状態になる事によって助かるのではないかと思われます。
次に個人再生若しくは自己破産の債務整理の欠点ですが、官報にこれらの手続を行った事実が載ってしまうという事が挙げられます。しかし、貴方は官報等観た事があるでしょうか。逆に、「官報って何」という方のほうが多いのではないでしょうか。
実際、官報は国がつくるする新聞みたいな物ですが、クレジット会社などの極一部の方しか見ないのです。ですから、「破産の事実がご近所の人々に知れ渡った」等という心配はまずありません。
最後に、破産独特の債務整理の不利な点ですが、1辺自己破産すると七年間は2度と破産は出来ません。これは十分配慮して、二度と破産しなくても大丈夫なようにしましょう。

南城市|自己破産のリスクとはどんなものか/任意整理

はっきり言って社会一般で言われているほど自己破産のリスクはそんなに多くないです。マイホーム、高価な車、土地等高価格の物は処分されるが、生活する上で必ず要る物は処分されないです。
また二十万円以下の預貯金は持っていても問題ないのです。それと当面の間数箇月分の生活する上で必要な費用100万未満ならば持っていかれる事はないです。
官報に破産者の名簿として掲載されますがこれもごく一定の方しか見てないでしょう。
また世にいうブラック・リストに載って七年間程度キャッシングまたはローンが使用出来ない状態となるでしょうが、これはいたしかた無いことなのです。
あと一定の職に就職出来ない事があるでしょう。ですがこれもごく限られた範囲の職種です。
したがって債務超過で返済する事の出来ない借金を抱えてるのならば自己破産をするのも一つの手でしょう。自己破産を行った場合今までの借金が全くゼロになり、新たに人生をスタート出来るという事で良い点の方がより多いと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限として税理士・公認会計士・司法書士・弁護士などの資格は無くなるのです。私法上の資格制限として保証人や後見人や遺言執行者にもなれないです。また会社の取締役等にもなれないでしょう。けれどこれらのリスクはほぼ関係が無い時が多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きな物ではないはずです。