草津市 任意整理 弁護士 司法書士

草津市在住の人が借金返済に関する相談をするならどこがいいの?

借金の督促

多重債務の問題、借金の悩み。
お金の悩みは、自分だけではどうにもならない、深い問題です。
しかしいきなり、司法書士や弁護士などに相談しようにも、少し不安な気持ちになる、という方も多いでしょう。
ここでは草津市で借金・債務のことを相談する場合に、オススメの法律事務所・法務事務所を紹介しています。
インターネットで相談することが可能なので、初めての相談でも安心です。
また、草津市の地元の法律事務所・法務事務所もいくつか載せているので、それらも参考にどうぞ。

草津市の方が借金や任意整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

草津市の借金返済や多重債務解決の相談なら、こちらがオススメ。
弁護士対応で、全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が0円だから、現在の手持ちがなくても安心です。
弁護士代金の支払いは、分割払いもOKです。
相談料はもちろん無料!
借金の取り立てをSTOPすることも可能です。
個人再生、自己破産、過払い金、任意整理、など、債務や借金について無料で相談することができます。
しかも、24時間365日、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(電話代0円)で相談受付が可能なので、お金に困っている人も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国対応の、過払いや借金の問題を相談できる司法書士事務所。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたに適した方法で借金問題を解決します。
また、過払い金の請求は初期費用0円、取り戻せた過払い金から費用を精算できます。
任意整理においても、和解成功報酬・減額報酬などは一切支払わなくてよいので、おトクに解決することができます。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性でも安心です。
まずは無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

草津市在住の方が借金や債務整理の相談をするなら、まずコレもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネットでできる借金の診断ツールです。
カンタンな3つの質問に答えるだけで、どのようにして借金を減らすかという方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、少し不安。
そんな人にもピッタリです。
しかも、匿名&無料で利用できます☆
全国に対応のサービスなので、草津市に住んでいる人も安心です。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 月の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名&無料で使える!
  • 全国対応!
あなたの債務・借金の悩み、匿名で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の相談・診断を。



弁護士へ相談前の注意



草津市近くの他の法務事務所・法律事務所を紹介

他にも草津市には複数の弁護士・司法書士の事務所があります。これらも参考にしてください。


●湖南司法書士事務所
滋賀県草津市 東矢倉3-35-32
077-566-4880
http://konanjimusyo.com

●司法書士法人F&Partners
滋賀県草津市大路1丁目1-1
077-566-4567
http://256.co.jp

●山田保造司法書士事務所
滋賀県草津市草津2丁目15-2
077-562-0953

●柏木司法書士事務所
滋賀県草津市青地町1254-1
077-567-5538

●草津法律事務所
滋賀県草津市西大路町3-8 ジュモオネティ 2F
077-516-1681
http://kusatsu-law.jp

●優司法書士法人
滋賀県草津市野路1丁目8-18
077-516-0331
http://you-office.com

●かつき司法書士事務所
滋賀県草津市 草津3丁目 14番44号木村ビル3F
077-566-0534
http://office-katsuki.jp

●あけぼの法律事務所
滋賀県草津市野路1丁目4-16 MNK-3ビル5階502号
077-599-0604
http://akebono-law.net

●草津駅前法律事務所
滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階
077-565-8955
http://kusatsu-ekimae.jp

●加藤・若代司法書士事務所
滋賀県草津市平井2丁目1-30 ハウスソレイユ 3F
077-565-1553

●横江孚彦司法書士事務所
滋賀県草津市草津3丁目13-70
077-562-1279

●弁護士法人 田中彰寿法律事務所 草津事務所
滋賀県草津市野村2丁目10-16
077-561-0321
http://kusatsu.tanaka-law.net

●田中司法書士事務所
滋賀県草津市橋岡町45-3
077-566-0660

草津市にある地元の法律事務所や法務事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ただ、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やインターネットからの無料相談の方が、気負わずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

借金の返済問題に草津市在住で弱っている方

さまざまな金融業者や人からお金を借りた状況を、多重債務といいます。
あっちでもこっちでも借金して、借金の額も返済先も増えてしまった状況です。
消費者金融で限界まで借りたので、今度は別のキャッシング会社でお金を借りる。
クレジットカードのキャッシングやリボ払いを限界までして、クレジットカードを複数持ったり。
多重債務の状態にまでいってしまった人は、大概はもはや借金返済が難しい状態になってしまいます。
もはや、どうやってもお金が返せない、という状況。
おまけに高利な利子。
どうしようもない、どうにもならない、と思ったら、法務事務所・法律事務所に相談してみましょう。
司法書士・弁護士に相談し、自分の状態を説明し、解決する方法を提示してもらいましょう。
お金・借金の問題は、司法書士・弁護士知恵を頼るのが最良でしょう。

草津市/債務整理は弁護士へ依頼するのがいい?|任意整理

債務整理とは、借金の返金がきつくなった時に借金をまとめて悩みの解消を図る法的な方法なのです。債務整理には、民事再生、任意整理、自己破産、過払い金の4種類の手法があります。
任意整理は、裁判所を通さないで債権者と債務者が直に交渉を行い、利息や毎月の支払金を減らす進め方です。これは、出資法・利息制限法の二種類の法律上の上限利息が違ってる事から、大幅に縮減する事が出来るわけです。話合いは、個人でも行う事ができますが、通常、弁護士の先生に頼みます。キャリアが長い弁護士の方であればお願いしたその段階で悩みから逃れられると言っても大げさではないでしょう。
民事再生は、今の状況を裁判所に了承してもらい、住宅ローン以外の借金を大幅に減らしてもらう仕組みです。この場合も弁護士さんに依頼したら申立迄行う事ができるので、債務者の負担は減るのです。
自己破産は、任意整理・民事再生でも返済できない莫大な借金がある時に、地方裁判所に申立てて借金を帳消しにしてもらう決め事です。このような際も弁護士にお願いすれば、手続も快調に進むので間違いがありません。
過払金は、本来なら返す必要がないのに金融業者に払い過ぎた金の事で、弁護士・司法書士に依頼するのが一般的でしょう。
こういうふうに、債務整理は自分に適合したやり方を選択すれば、借金の苦難を回避できて、人生の再出発をきることができます。弁護士事務所によっては、借金や債務整理に関する無料相談を行ってるところもありますから、一度、問い合わせてみてはどうでしょうか。

草津市|自己破産に潜むリスクとは?/任意整理

はっきり言えば社会一般で言われているほど自己破産のリスクは少ないのです。マイホーム、土地、高価な車等高価値な物は処分されますが、生活するうえで要るものは処分されないのです。
また20万円以下の預貯金も持っていてよいのです。それと当面の数カ月分の生活費が100万未満なら持って行かれる事は無いのです。
官報に破産者の名簿として記載されるがこれも一部の方しか見ないでしょう。
また俗にいうブラックリストに掲載されてしまい7年間くらいはキャッシングまたはローンが使用ローン又はキャッシングが使用出来ない状態となるが、これは仕方が無い事です。
あと一定の職種に就職できない事があるのです。ですがこれも一定の限られた範囲の職種なのです。
したがって債務超過で返済することが不可能な借金を抱えこんでるのなら自己破産を実行するのも1つの進め方なのです。自己破産を進めたならば今までの借金が全て無くなり、心機一転人生を始めるということでよい点の方がより大きいと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として税理士・弁護士・司法書士・公認会計士などの資格は取り上げられます。私法上の資格制限として遺言執行者、後見人、保証人にもなれないです。又会社の取締役などにもなれません。しかしこれらのリスクはほぼ関係がない場合が多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きなものではない筈です。